高血圧の薬には副作用がある

ラジレスの注意点と副作用

血圧を下げる働きがあり、高血圧症の治療にも用いられている薬にラジレスと呼ばれるものがあります。そもそも血圧が上がってしまう原因としてアンジオテンシンと呼ばれる物質があります。これが体内で生成されることで、血圧が上昇してしまうのですが、ラジレスはこのアンジオテンシンの生成を抑制することで血圧を下げてくれるのです。

 

ラジレスを服用するにあたっては、糖尿病であったり、かつて薬を飲んだことで、アレルギー反応を起こしたりした場合は、事前に医師としっかり相談するようにしましょう。妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある場合も同じことが言えるので注意が必要です。

 

また、ラジレスを服用したことで副作用を引き起こす場合もあります。例えば、頭痛や下痢が最もポピュラーではありますが、その他にも稀に手足のしびれやむくみなども挙げられます。血圧が急激に下がり、めまいを引き起こしやすくなるため、ラジレスの服用時は車の運転などは控えるようにすることも大切です。

レザルタスとグレープフルーツの飲み合わせ

血圧を下げる効果があるレザルタスは、医療期間においても高血圧症の治療に用いられています。体内で生成されるアンジオテンシン受容体が血圧を上げるように作用します。また、同様に血管内部の細胞にカルシウムが流入した場合も血圧が上昇しやすくなるのです。そこで、レザルタスはアンジオテンシン受容体の遮断とカルシウム拮抗薬として、アンジオテンシンの生成を抑制し、カルシウムの血管内部への流入をカットすることで血圧を下げ、さらに血流を改善してくれる効果があります。

 

ただし、レザルタスは用法と用量をきちんと守り、また飲み忘れたからといって、次回に2回分まとめて服用するようなことはしないよう注意しましょう。また、服用中にはグレープフルーツジュースを飲まないように気を付けなければなりません。さらにレザルタスの副作用としてめまいやかゆみ、頭痛などが挙げられます。レザルタスの服用にあたって、これらの症状が現れた場合は医師に相談することが大切です。

プレミネントの作用について

血圧を下げる効果のある薬は数多くありますが、その中でも2種類の降圧薬を配合したプレミネントは、降圧薬の中でも画期的な薬剤と言える存在です。

 

まず、降圧薬といえば、血圧を上げる作用をするアンジオテンシンと呼ばれる成分を抑制する効果のある、いわゆるアンジオテンシンU受容体拮抗薬が知られていますが、それにプラスしてヒドロクロロチアシドと呼ばれる利尿薬を配合しています。利尿作用のあるこの成分を配合することで、排泄を促進し、血圧を低下してくれる効果があるのです。このように、2つの観点から血圧を下げてくれると言うこともあり、他の降圧薬ではなかなか効果が現れないときに、切り札的な役割としても使用されるのがプレミネントなのです。

 

しかし、プレミネントを服用する際には副作用などの注意点があります。まず、その特性上、利尿作用を高めるために就寝前には服用しないようにすることが挙げられます。また、腎臓の悪い方、さらには通風の症状がある方は服用を控えるようにしましょう。プレミネントに関しては、重篤な副作用はほぼありません。しかし、めまいや頻尿などの副作用が出ることは頭に入れておくことが重要です。

ヘルベッサーの働きと副作用

血圧を下げる働きがある薬の1つにヘルベッサーと呼ばれるものがあります。これはとりわけ高血圧や狭心症の治療に用いられますが、高血圧が原因となって発症しうる脳卒中や心筋梗塞などの予防にも使われます。ヘルベッサーはカルシウム拮抗薬とも言われていますが、これは血管内の細胞にカルシウムが入り込むことによって引き起こされる血圧の上昇を、カルシウムの流入を抑制することで抑える作用があります。これにより血流が改善され、様々な病気の原因を取り除くことができる可能性を持っています。

 

ヘルベッサーを服用する際は、医師からの指示に従うことが大切です。自分自身の判断で勝手に服用をやめてしまうと、急激に症状があっかすることもあるため注意が必要です。また、歯肉の腫れやめまい、頭痛、脈が遅くなるなどの副作用があります。ヘルベッサーには、ごく稀ではありますが、肝機能障害などの重篤な副作用もあるため、もし服用後に気になる症状があれば、医師の相談や診察を早めに受けるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る